当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

国際ロマンス詐欺の事例から学ぶ見分け方

今では誰でも簡単にインターネットを通じて出会いを求められるようになりました。恋愛や人間関係を築く場もサイバースペースに広がっています。

しかし、その裏でとある詐欺が急増しています。

その名が『国際ロマンス詐欺』というものです。

実は今、多くの人が騙されて被害に遭っています。

今回は、国際ロマンス詐欺の典型的な事例を挙しつつ、これを見分ける方法について解説します。

国際ロマンス詐欺とは?

ロマンス詐欺は、恋愛感情を利用して金銭を詐取する犯罪です。国際ロマンス詐欺の場合、加害者は通常、異なる国に住む人物として被害者に接近し、恋愛感情を植え付けて信頼を得た上で、様々な理由をつけて金銭を要求します。

典型的な事例

ここからどういった手口なのか、事例を交えて解説していきます。

事例1: 「緊急の医療支援が必要」

アメリカに住むと自称する男性と恋に落ちた佐藤さん(架空)は、数か月間のオンラインでの交流後、彼が急病で手術が必要だと告げられました。高額な医療費を支払うため、彼女は複数回にわたって計数百万円を送金しました。

事例2: 「ビジネスのトラブル」

イギリス在住を謳う女性から連絡を受けた田中さん(架空)は、彼女がビジネスのトラブルに巻き込まれ、法的手続きの費用が突然必要になったと聞かされました。信じた田中さんは大金を送金しましたが、その後連絡が途絶えました。

見分ける方法

このようなロマンス詐欺の相手はほぼ同性が返信しています。また、このような犯罪者の多くは海外からメッセージを送信しているため検挙が難しいのが特徴です。

そのため、事前に被害に遭わないようにすることが最大のポイントになります。

情報の確認

  • 詳細な個人情報: 実際の住所、職場、電話番号など、確認可能な情報を提供しているかどうか。
  • 逆画像検索: プロフィール写真をGoogle画像検索などで確誊し、使用されている画像が他のアカウントに使われていないか調査する。

金銭要求の警戒

  • 金銭要求: 一度でも直接的、または間接的に金銭を要求してくる場合は警戒が必要です。
  • 急なトラブル: 突然の病気や法的問題など、緊急を要する事態が発生して金銭を要求するパターンは典型的な詐欺の手口です。

技術的な側面からのアプローチ

  • コミュニケーションの手段: 常に特定の通信手段(例:WhatsApp)のみを使う、電話やビデオ通話を避けるなど、直接的なコンタクトを避ける行動に注意。

インスティンクトの信頼

  • 違和感を感じたら: 相手の言動に不自然さや矛盾を感じた場合は、第三者に相談するか、詳細な確認を行うことが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました