出会い系用語解説


出会い系用語解説


はじめに

このページは出会い系に関する言葉の用語解説を紹介します。

出会い系サイトとは、男女が異性や友達を探すための交流を目的に作られたサイトです。

18歳未満(高校生不可)の出会い系サイトの利用は法律で禁止されています。

出会い系サイト

コミュニティーサイト

主に会員同士のコミュニケーションを念頭においたサービスを提供する出会い系サイト。 日記やチャット、掲示板などの機能面を重視しているところもあれば、利用料金を下げたりすることで積極的な利用を促す場合もあります。

マッチングサイト

あらかじめ登録・設定した情報から理想とする異性とのマッチングを行うサービス。 自由な掲示板によるコミニケーションとは異なり、お互いの価値観や趣味、性格などが一致していることが多く早期にカップルとして成立できる利点があります。

婚活サイト

昔ながらのお見合いサイトとは異なり、サイトやアプリであらかじめ希望条件を設定することで望んだ相手とメッセージのやり取りしながら親睦を深めます。

街コンサイト

主に都会などで大規模に行われるイベント。 指定した一角内のカフェやレストランで自由に相手を選んで会話しながら仲良くなることができます。 相手のその場の雰囲気や対応(気遣い・口調・癖)を直接みて判断できるのは大きなメリットですが、交通費がかかったり社交場に慣れしていない人にはやや難易度の高いイベントです。

料金制

女性無料

主に「女性会員は無料」などのような記載で書かれることが多い。 基本的に出会い系サービスは無料で利用できますが、一部のコンテンツ(動画チャンネルやコミック)の購入にお金が必要になるという意味です。

女性完全無料

主に「女性会員は完全無料」などのような記載で書かれることが多い。 出会い系サービスで料金が発生することがないことを意味しています(サイトによって一部のコンテンツで有料の場合があります)。

ポイント制

ポイント制には、「前払い方式」と「後払い方式」があります。 一部の悪質な出会い系サイトでは「後払い方式」で高額請求を要求するサイトがありますので注意が必要です。 当サイトで紹介するサイト「完全前払い方式」によるポイント購入でそれ以上の引き落としや年会費等はありませんので安心です。

定額制プラン

固定額の月額料金になります。 ポイント制に比べて月額の方が制限なくメッセージ等をやり取りできる場合が多く、個別にポイントを購入するよりもお得です。 ポイント購入という制約がなくなることで狙っている異性だけでなく、色んな方とのやり取りが活発になる利点があります。

セキュリティ

SSL化

「Secure Sockets Layer」の略でデータ通信を暗号化する手法です。 SSL化されていないサイトは書き込んだ内容やクレジットカードの番号などが外部のハッキングによって盗み取られるリスクがあります。 見分け方としては、SSL化済みのサイトは「https://」で始まり安全です。非SSLサイトは「http://」で始まり様々なリスクに晒される可能性があります。 有名なセキュリティを取り扱う企業として「グローバルサインbyGMO」、「SiteLockSECURE」、「Norton SECURED」などがあります。

監視体制

出会い系サイトには一定数の悪質ユーザーが存在します。 悪質ユーザーとは、サクラを除く「キャッシュバッカー・業者・利用意思のない冷やかし」等のことです。 このようなユーザーは利用者にとって気分の悪いもので各出会い系サイト様で独自の監視体制やNGキーワードなどで対策を取っています。

個人情報保護

出会い系サイトにとって、個人情報の管理は最重要課題です。 会員の個人情報の流出があると社名の評判を落としてしまうだけでなく、利用者の人権にも関わります。 各出会い系サイトでの個人情報保護の対策について「個人情報保護・プライバシーポリシー・よくある質問」などでどういった対策を行なっているか調べて見ると良いでしょう。

悪質ユーザー

サクラ

サクラとは、運営会社が自社の会員を装ってあたかも繁盛しているように見せたり、話を引き伸ばしてポイント消費を促したりするユーザーのことです。 当サイトで紹介する出会い系サイトはこのような「サクラ」を使っているサイト様はない安心なサイトを厳選しております。

業者

業者は、外部のデリヘル業者などが自社のサービスを利用させるために会員を装って勧誘しようとするユーザーのことです。 このような業者は様々な種類があり説明が難しいです。一つ言えることは出会い系サイトに疎いユーザーを狙って他のサイトへ誘導しようとすることです。 見分ける方法としては、メッセージをネットで検索して同じような口コミがないか調べたり、会話が成立してなかったりすることが挙げられます。 このような業者はどこのサイトでも一定数は存在します。見つけ次第、運営会社へ通報・連絡しましょう。

キャッシュバッカー

サクラとは異なり、一般の女性会員でメッセージを受信することでポイントが貯まり金券等に交換することを目的としているユーザーです。 女性は出会い系の利用が無料であるとこがほどんどでサイドビジネスとしてお小遣い稼ぎを目的とする方が一定数います。 必ず出会えないとは言い切れませんが、ポイントや月額利用している男性ユーザーにとっては気持ちのいいものではありません。

第3者機関

ここでは出会い系でよく目にするセキュリティの表示で使われるマークや運営の届出、個人情報の保護の認証機関などの意味を解説します。

インターネット異性紹介事業の表示

これはいわゆる出会い系サイト事業者が取得しなければならない届出です。 もし「インターネット異性紹介事業」の表示や届出に関する情報がない出会い系サイトを利用している方はすぐに削除するようにしましょう。 異性交流を希望する者の情報を扱うサービスの事業で必須です。 また未成年でないことを確認、児童の誘引する書き込みや誘導などの削除義務に関する義務も含まれます。 詳しくは最寄りの警察署の「インターネット異性紹介事業」ページを確認して下さい。

JAPHICマーク

JAPHICマークは、個人情報を取り扱うWEBサイトでよく見かけるマークです。 個人情報保護の普及や啓蒙活動の一環として様々な個人情報保護の制度を構築して、それに基づいて第三者という立場からWEBサイト等に認証を付与する一般社団法人です。 JAPHICマークが表示されているWEBサイトは個人情報の取り扱いに関して一定の評価を得ていると言えます。 JAPHICマークは、日本国内の事業者を対象としています。

TRUSTeマーク

TRUSTeマークは、個人情報を取り扱うWEBサイトでよく見かけるマークです。 第三者という立場からWEBサイトの個人情報の取り扱いがガイドラインに基づいて正しく実施されているか審査します。 TRUSTeマークが表示されているWEBサイトは個人情報の取り扱いに関して一定の評価を得ていると言えます。 TRUSTeマーク、世界中で採用されている認証マークです。

支払い代行業者

多くのWEBサイトが導入している支払い代行サービスです。 セキュリティが万全でスピード決済です。 決済に関わる情報は支払い代行業者のみが取り扱うため、事業者と利用者はお互いの口座番号やクレカなどの情報を知られることなく決済できる利点があります。 その際はクレジットカードの引き落としの請求名として「テレコムクレジット」、「gwpayment」などの表示されます。これらは支払い代行業者です。


(最終更新日:2021/4/16)


お名前:


一言コメント欄(100文字以内):


みんなのコメント